メンズエステの選び方

  • クリニックでのAGA治療に欠かせない飲み薬と塗り薬

    • 男性が薄毛に見舞われる原因には様々なケースが考えられますが、最近ではAGAという病気に注目が集まっています。



      AGAとはテストステロンという男性ホルモンが頭皮にある5αリダクターゼという酵素と結びついてDHTと呼ばれる物質を作り出します。


      毛乳頭がこれを感知することによって頭髪の成長サイクルが乱れ、最終的には抜け落ちていってしまいます。


      こうして引き起こされる脱毛症をAGAと呼ぶのです。



      ただし病気と言うからにはクリニックではAGA治療を受けることができます。



      AGA治療ではまず、フィナステリドという成分を配合したプロペシアという錠剤を服用します。



      これは5αリダクターゼの2型の働きを抑制することができ、こうしてDHTの分泌量を抑えることによってAGAによる抜け毛が引き起こされないようにします。さらにAGA治療には塗るタイプの薬も効果的です。


      これはミノキシジルという成分を配合し、薄毛症状のある頭皮にこれを塗ると毛細血管が拡張され、より多くの血流量によって頭髪の成長に必要な栄養分が補給される環境が整います。



      このようにAGA治療の代表格ともいえる飲み薬と塗り薬を使い続けることで、早い人なら数週間程度で、遅い人でも半年から一年ほどが経つと発毛や育毛を実感できるようになるはずです。



      ちなみにフィナステリド系の飲み薬を服用すると、勃起不全や肝機能障害、精力減退といった副作用が起こる可能性があります。



      また、ミノキシジルを使うと血圧が急激に下がることから、もしも低血圧症の人が使うと心臓や血管に負担がかかることもありますので注意が必要です。



  • 関連リンク

    • 近年良く耳にするようになったAGA治療という言葉について、その内容をよく理解している人はそれほど多くはありません。雑誌や広告などで盛んに宣伝されているこのAGA治療は、薄毛治療として世の中に広められていますので薄毛に悩む人には身近な言葉であると言えるでしょう。...

    • AGA治療と言うのは男性型脱毛症の治療で、早目にAGA治療を受ける事で発毛の効果や育毛を期待することが出来ると言われています。AGA治療では患者さんの薄毛の症状に応じてプロペシアやミノキシジルと言った医薬品が処方されて治療が進められていくケースが多く在ります。...